豆腐のチキングラタン

管理栄養士 CHINAMI

豆腐のチキングラタン

管理栄養士 CHINAMI

鶏肉料理、鶏料理、グラタン、鶏レシピ
Recipe
調理時間約30分

 

[材料](2 人分)
・絹ごし豆腐 400g
・味噌 18g
・マヨネーズ 12g
・鶏もも肉 180g
・油(炒め用)6g
・ブロッコリー 100g
・しめじ 60g
・ピザ用チーズ 30g
・乾燥パセリ


[作り方] 
(調理時間:約30 分 豆腐水切り時間含めない)

①絹ごし豆腐をペーパーに包み、600w の電子レンジで2 分加熱し、平皿などを置いて30 分ほど置いて水切りする。

鶏肉とブロッコリーは一口に切り、しめじはほぐしておく。

②オーブンを250w で10 分に予熱設定する。

③水切りをした豆腐に味噌、マヨネーズを加えて滑らかになるまで混ぜる。

④フライパンに油をしいて、鶏肉を炒め、色が変わったらしめじをいれてさっと炒める。

⑤ ④のフライパンに③を混ぜ合わせ、グラタン皿にうつし、茹でたブロッコリー、チーズをのせて250w のオーブンで10 分焼き、パセリをかけて完成


[栄養計算]一人あたり
 エネルギー543kcal
 たんぱく質 35.6g
 脂質 39.3g
 炭水化物 10.3g
 (糖質 5g 食物繊維 5.3g)
 食塩相当量 1.8g

Recipe

 

調理時間約30分

 

[材料](2 人分)
・絹ごし豆腐 400g
・味噌 18g
・マヨネーズ 12g
・鶏もも肉 180g
・油(炒め用)6g
・ブロッコリー 100g
・しめじ 60g
・ピザ用チーズ 30g
・乾燥パセリ

 

[作り方] (調理時間:約30 分 豆腐水切り時間含めない)

①絹ごし豆腐をペーパーに包み、600w の電子レンジで2 分加熱し、平皿などを置いて30 分ほど置いて水切りする。
鶏肉とブロッコリーは一口に切り、しめじはほぐしておく。

②オーブンを250w で10 分に予熱設定する。

③水切りをした豆腐に味噌、マヨネーズを加えて滑らかになるまで混ぜる。

④フライパンに油をしいて、鶏肉を炒め、色が変わったらしめじをいれてさっと炒める。

⑤ ④のフライパンに③を混ぜ合わせ、グラタン皿にうつし、茹でたブロッコリー、チーズをのせて250w のオーブンで10 分焼き、パセリをかけて完成。

 

[栄養計算]一人あたり
 エネルギー543kcal
 たんぱく質 35.6g
 脂質 39.3g
 炭水化物 10.3g
(糖質 5g 食物繊維 5.3g)
 食塩相当量 1.8g

Column
京丹波あじわいどりがごろごろ
入ったほっこり温まるグラタン。



グラタンに使用したもも肉は、ジューシーでありながらも、上品な味わいが特徴のお肉です。

肉質は 柔らかく、噛んだ瞬間に旨味が広がります。そんな京丹波あじわいどりのもも肉と豆腐の相性は抜群 です。

豆腐グラタンは、ソースに牛乳を使用しておらず、豆腐を使用することで、鶏肉の上品な味わ いを引き立たてます。

もも肉はあえて大きく切ることで、食べごたえ・見た目も豪華になり華やかな グラタンになります。

豆腐のチキングラタンは優しい味わいで全世代の方におすすめしたい料理ですが、栄養面でみると女 性に嬉しいことがたくさんつまった料理です。

もも肉には抗酸化ビタミンであるビタミンC やビタミンEを含みますので活性酸素の発生や酸化力を 抑え皮膚や血管の老化を防ぎます。

豆腐にはイソフラボンが多く含まれており、抗酸化作用により、活性酸素を除去する効果があるとも いわれ、美容やアンチエイジングに効果が期待できます。

また、ブロッコリーには肌に必要な成分であるビタミンCが多く含まれているため、豆腐とダブルで 美肌に効果的です。

グラタンは女性やお子さんに人気の料理なイメージですが、この豆腐のチキング ラタンは、見た目はグラタンなのにあっさりとしているため、男性にも喜んでいただける料理です。

マカロニを使用していないため、糖質が気になる方にもおすすめです。

グラタンはフライパンでホワイトソースを作って、具材と混ぜてと手間のかかる料理というイメージ をお持ちの方は少なくないかと思います。しかし、豆腐グラタンは豆腐くずすだけでソースが完成す るため手軽に作れます。忙しい方の味方ですね!

今回のソースの味付けには宮城県の仙台味噌を使用 しました。それぞれのご家庭で使用されるものや、ご当地のお味噌を使用することでオリジナルの味わいになるかと思いますので、さまざまな味わいを楽しんでみてください。

見た目が豪華で、美味しく、栄養満点な豆腐のチキングラタン。 今までに味わったことがないようなグラタンであること間違いなしです!

これから寒くなる季節に大切な人とチキングラタンを囲んで、心も身体もほっこり温まってみてはい かがでしょうか。

Column

京丹波あじわいどりがゴロゴロ入ったほっこり温まるグラタン。

グラタンに使用したもも肉は、ジューシーでありながらも、上品な味わいが特徴のお肉です。肉質は 柔らかく、噛んだ瞬間に旨味が広がります。そんな京丹波あじわいどりのもも肉と豆腐の相性は抜群 です。豆腐グラタンは、ソースに牛乳を使用しておらず、豆腐を使用することで、鶏肉の上品な味わ いを引き立たてます。もも肉はあえて大きく切ることで、食べごたえ・見た目も豪華になり華やかな グラタンになります。

豆腐のチキングラタンは優しい味わいで全世代の方におすすめしたい料理ですが、栄養面でみると女 性に嬉しいことがたくさんつまった料理です。 もも肉には抗酸化ビタミンであるビタミンC やビタミンEを含みますので活性酸素の発生や酸化力を 抑え皮膚や血管の老化を防ぎます。 豆腐にはイソフラボンが多く含まれており、抗酸化作用により、活性酸素を除去する効果があるとも いわれ、美容やアンチエイジングに効果が期待できます。 また、ブロッコリーには肌に必要な成分であるビタミンCが多く含まれているため、豆腐とダブルで 美肌に効果的です。グラタンは女性やお子さんに人気の料理なイメージですが、この豆腐のチキング ラタンは、見た目はグラタンなのにあっさりとしているため、男性にも喜んでいただける料理です。 マカロニを使用していないため、糖質が気になる方にもおすすめです。

グラタンはフライパンでホワイトソースを作って、具材と混ぜてと手間のかかる料理というイメージ をお持ちの方は少なくないかと思います。しかし、豆腐グラタンは豆腐くずすだけでソースが完成す るため手軽に作れます。忙しい方の味方ですね!今回のソースの味付けには宮城県の仙台味噌を使用 しました。それぞれのご家庭で使用されるものや、ご当地のお味噌を使用することでオリジナルの味 わいになるかと思いますので、さまざまな味わいを楽しんでみてください。

見た目が豪華で、美味しく、栄養満点な豆腐のチキングラタン。 今までに味わったことがないようなグラタンであること間違いなしです! これから寒くなる季節に大切な人とチキングラタンを囲んで、心も身体もほっこり温まってみてはい かがでしょうか。 

 

今回使用した「鶏もも肉」は、
下のボタンから購入できます。