手羽先のジューシー餃子

管理栄養士 末吉愛美

手羽先のジューシー餃子

管理栄養士 末吉愛美

Recipe
調理時間約10分



[材料]2 人分
・手羽先 8 本(480g)
・塩 小さじ1/2(3g)
・酒 大さじ1(15cc)

〈餃子のたね〉
・鶏ミンチ 100g
・たまねぎ 80g
・しいたけ 2 個(30g)
・おろししょうが 小さじ1(5g)
・おろしにんにく 小さじ1(5g)
・しょうゆ 小さじ1(6g)
・片栗粉 小さじ1(3g)

〈焼き用〉
・水 大さじ2(30cc)
・ごま油 小さじ2(4g)

〈酢ペッパー〉
・酢        大さじ2(15cc)
・粗挽きこしょう  適量

〈付け合わせ〉
・ベビーリーフ 適量
・レモン 適量


[作り方](調理時間:約30 分)

①キッチンバサミを使い手羽先が袋状になるよう2 本の骨を取り除く。塩・酒を混ぜ合わせて肉を漬ける。

②鶏ミンチと調味料を入れて粘り気が出るまでしっかり混ぜ、みじん切りにした玉ねぎ・しいたけを加えてたねを作る。スプーンを使い①の手羽先に押し込むようにしてたねを詰めていく。
(スプーンの柄尻を使うと奥へ詰めやすい)

③フライパンに肉を並べ水を入れる。蓋をして中火で10 分蒸し焼きする。

④蓋を開けて強火で水気を飛ばす。ごま油を鍋ふちから入れて鶏皮をこんがり焼く。

⑤酢とこしょうを合わせタレを作る。(お好みで)
※付け合わせにベビーリーフやレモンを添えると華やかになります。

 

[栄養計算]1 人あたり
 エネルギー:478kcal
 たんぱく質:35.1g
 脂質:31.5g
 炭水化物:7.7g
 (糖質:6.4g  食物繊維:1.3)
 食塩相当量:2.4g

 

[栄養メモ]

手羽先と鶏ミンチのW お肉でガツンとジューシー食べ応えのある餃子です。

餃子のたねには、旨味と香りを高めるしいたけと自然な甘みを高める玉ねぎを加えることで美味しさアップ。糖質が気になる方も満足感を得られます。

Recipe
調理時間約30分

[材料]2人分

・手羽先 8 本(480g)
・塩 小さじ1/2(3g)
・酒 大さじ1(15cc)

〈餃子のたね〉
・鶏ミンチ 100g
・たまねぎ 80g
・しいたけ 2 個(30g)
・おろししょうが 小さじ1(5g)
・おろしにんにく 小さじ1(5g)
・しょうゆ 小さじ1(6g)
・片栗粉 小さじ1(3g)

〈焼き用〉
・水 大さじ2(30cc)
・ごま油 小さじ2(4g)

〈酢ペッパー〉
・酢        大さじ2(15cc)
・粗挽きこしょう  適量

〈付け合わせ〉
・ベビーリーフ 適量
・レモン 適量

[作り方](調理時間:約30 分)
①キッチンバサミを使い手羽先が袋状になるよう2 本の骨を取り除く。塩・酒を混ぜ合わせて肉を漬ける。
②鶏ミンチと調味料を入れて粘り気が出るまでしっかり混ぜ、みじん切りにした玉ねぎ・しいたけを加えてたねを作る。スプーンを使い①の手羽先に押し込むようにしてたねを詰めていく。(スプーンの柄尻を使うと奥へ詰めやすい)
③フライパンに肉を並べ水を入れる。蓋をして中火で10 分蒸し焼きする。
④蓋を開けて強火で水気を飛ばす。ごま油を鍋ふちから入れて鶏皮をこんがり焼く。
⑤酢とこしょうを合わせタレを作る。(お好みで)
※付け合わせにベビーリーフやレモンを添えると華やかになります。

[栄養計算]1 人あたり
エネルギー:478kcal
たんぱく質:35.1g
脂質:31.5g
炭水化物:7.7g
(糖質:6.4g  食物繊維:1.3)
食塩相当量:2.4g


[栄養メモ]
手羽先と鶏ミンチのW お肉でガツンとジューシー食べ応えのある餃子です。
餃子のたねには、旨味と香りを高めるしいたけと自然な甘みを高める玉ねぎを加えることで美味しさアップ。糖質が気になる方も満足感を得られます。

Column
アレンジ無限大な食材“手羽先”

手羽先は食べ応えやレパートリーに欠けてしまうと思っていませんか?しかし、骨を取り除くことで袋状になり食べやすくなるためお料理の幅が広がります。今回、薄力粉から作られる餃子皮の代わりに手羽先を使うことで〈糖質6 g・たんぱく質35 g レシピ〉に仕上がりました。

たねの主役は鶏ミンチの旨味をシンプルに味わえるように、具材はシンプルにしいたけ(旨味や香りアップ)、玉ねぎ(自然な甘味プラス)の2 種にしました。

旬の食材や好きな具材を入れることでレパートリーが広がる手羽先餃子は、無理なく糖質オフできる1品と言えます。また焼く際に少量のお水で蒸し焼きし、ごま油で仕上げ焼きすることで旨味やジューシーを逃すことなく焼き上がるので、満足感を損なうことなく糖質オフできます。

歯育のためにもぜひ豪快にかぶりついて!

骨付き手羽先だからこそ見た目も豪快!ジューシーさを存分に感じてほしいからこそ大人も子どももぜひ豪快に召し上がってほしいです。

かぶりつく=口を大きくあけて勢いよくかむことは、特に歯や顎が育つ幼児期において必要な食べ方。

食べることはたのしいな!食べやすいひとくちってこれくらいなんだ…と感覚を身につける上でも豪快な食べ方は大切なんですよ。

鍋料理にもつかえる手羽餃子

体の冷えを感じた日は、天然だし【Issui 〜 一粋 〜】とキノコやお野菜を煮込むことでまた違った美味しさを楽しめます。

大人はお酒の肴やボディメイク中に、お子様は家庭での食育としてもおすすめな手羽先餃子。

安心安全なおいしさ “京丹波あじわいどり” で作ってみてはいかがでしょうか。

 

今回使用した「鶏ミンチ」「手羽先」は、
下のボタンから購入できます。

鍋料理にはこちらもオススメです。

Column
アレンジ無限大な食材 “手羽先”

手羽先は食べ応えやレパートリーに欠けてしまうと思っていませんか?しかし、骨を取り除くことで袋状になり食べやすくなるためお料理の幅が広がります。今回、薄力粉から作られる餃子皮の代わりに手羽先を使うことで〈糖質6 g・たんぱく質35 g レシピ〉に仕上がりました。

たねの主役は鶏ミンチ

鶏ミンチの旨味をシンプルに味わえるように、具材はシンプルにしいたけ(旨味や香りアップ)、玉ねぎ(自然な甘味プラス)の2 種にしました。
旬の食材や好きな具材を入れることでレパートリーが広がる手羽先餃子は、無理なく糖質オフできる1品と言えます。また焼く際に少量のお水で蒸し焼きし、ごま油で仕上げ焼きすることで旨味やジューシーを逃すことなく焼き上がるので、満足感を損なうことなく糖質オフできます。

歯育のためにもぜひ豪快にかぶりついて!

骨付き手羽先だからこそ見た目も豪快!ジューシーさを存分に感じてほしいからこそ大人も子どももぜひ豪快に召し上がってほしいです。

かぶりつく=口を大きくあけて勢いよくかむことは、特に歯や顎が育つ幼児期において必要な食べ方。
食べることはたのしいな!食べやすいひとくちってこれくらいなんだ…と感覚を身につける上でも豪快な食べ方は大切なんですよ。

 

鍋料理にもつかえる手羽餃子

体の冷えを感じた日は、天然だし【Issui 〜 一粋 〜】とキノコやお野菜を煮込むことでまた違った美味しさを楽しめます。
大人はお酒の肴やボディメイク中に、お子様は家庭での食育としてもおすすめな手羽先餃子。
安心安全なおいしさ “京丹波あじわいどり” で作ってみてはいかがでしょうか。

今回使用した「鶏ミンチ」「手羽先」は、下のボタンから購入できます。
鍋料理にはこちらもオススメです。