出汁香るフワフワ親子丼

ロカロジ管理栄養士 市川沙耶花

出汁香るフワフワ親子丼

管理栄養士 市川沙耶花

鶏肉、レシピ、鶏肉レシピ、親子丼、簡単、簡単レシピ
Recipi
調理時間約15分

[材料]2人分
・天然だしIssui〜一粋〜 150ml
・鶏ささみ    2本
 生姜      1片(5g)
  塩麹     小さじ2
・新玉ねぎ    1/2玉
・卵       4個
・塩麹      小さじ1
・醤油      大さじ1
・本みりん    大さじ1
・酒       小さじ1
・麦ごはん    300g
・三つ葉     1枚

[作り方]
①ささみは筋を取って一口大にカットし、すりおろした生姜と塩麹と合わせて冷蔵庫で30分漬ける。
②新玉ねぎは皮を剥いて薄切りする。
③小鍋にIssuiを入れてひと煮立ちさせたら、ささみ、玉ねぎを入れて火が通るまで中火にかける。
④ささみに火が通ったら、塩麹、醤油、本みりん、酒を入れてひと煮立ちさせる。
⑤ ④に溶いた卵を入れてお好みの硬さに固まったら、火を止める。
⑥お皿に麦ごはんを入れて卵をかけ、三つ葉を盛り付けたら完成!

[栄養計算]1人あたり
 エネルギー:462kcal
 たんぱく質:31.0g
 脂質:11.8g
 炭水化物:52.9g
  (糖質:45.4g 食物繊維:7.5g)
 食塩相当量:3.0g

Recipi
調理時間約15分

[材料]2人分
・天然だしIssui〜一粋〜 150ml
・鶏ささみ    2本
 生姜      1片(5g)
 塩麹     小さじ2
・新玉ねぎ    1/2玉
・卵       4個
・塩麹      小さじ1
・醤油      大さじ1
・本みりん    大さじ1
・酒       小さじ1
・麦ごはん    300g
・三つ葉     1枚

[作り方]
①ささみは筋を取って一口大にカットし、すりおろした生姜と塩麹と合わせて冷蔵庫で30分漬ける。
②新玉ねぎは皮を剥いて薄切りする。
③小鍋にIssuiを入れてひと煮立ちさせたら、ささみ、玉ねぎを入れて火が通るまで中火にかける。
④ささみに火が通ったら、塩麹、醤油、本みりん、酒を入れてひと煮立ちさせる。
⑤ ④に溶いた卵を入れてお好みの硬さに固まったら、火を止める。
⑥お皿に麦ごはんを入れて卵をかけ、三つ葉を盛り付けたら完成!

[栄養計算]1人あたり
 エネルギー:462kcal
 たんぱく質:31.0g
 脂質:11.8g
 炭水化物:52.9g
  (糖質:45.4g 食物繊維:7.5g)
 食塩相当量:3.0g

Column
京丹波あじわいどりのささみで作る
定番フワフワ親子丼


 親子丼と聞くと、鶏のもも肉を使用するイメージが多いと思いますが!今回は高タンパク質のささみを使用しました。

というのは、京丹波あじわいどりはヘルシーなささみでもしっとりジューシーで旨味がとっても強く美味しいのです。

 京丹波あじわいどりは下味をつけなくても十分美味しいのですが、さらに栄養価を高めるために、身体を温める効果が高い生姜と麹と酵素の働きで旨味成分を増やし食材をより柔らかくしてくれる塩麹で下味をつけています。

 4月~5月にかけて新玉ねぎが出てきますので、普通の玉ねぎよりも選ぶなら断然季節の新玉ねぎがおススメです。

 春は冬に身体の中に溜めた老廃物を外に排泄するデトックスの季節です。面白いもので春の季節の野菜は苦みがあったり、新陳代謝を促すような食材ばかりです。本当人と自然はつながっているのだなと感じますね。

 旬の新玉ねぎは身体を温めるだけでなく、新陳代謝を活発にして血流を良くしてくれます。生活習慣病の予防にも効果的なので日常的に摂取したい食材でもあります!

 卵はビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養が含まれた完全栄養食品ともいわれています。特に卵の鉄分は身体に吸収されやすいので女性はしっかり摂取したい食品です。

 ご飯は麦ごはんを使用しています。麦ごはんの麦は大麦の外皮を削り圧をかけて【押し麦】として売られています。昔から麦ごはん用の麦として親しまれていますよね。
大麦の食物繊維量は高く、水に溶ける水溶性の食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維のバランスがとっても良いのです。中でも日本人では不足がちといわれている水溶性食物繊維は穀物の中でも一番といっていいほど多く含まれています。

食材には沢山の特徴とその季節に必要な栄養がたっぷり詰まっています。
安心安全な食材を選んで食事を楽しみましょう!


今回使用した「Issui ~一粋~」は、
下のボタンから購入できます。 
Column
京丹波あじわいどりのささみで作る
定番フワフワ親子丼

 親子丼と聞くと、鶏のもも肉を使用するイメージが多いと思いますが!今回は高タンパク質のささみを使用しました。
というのは、京丹波あじわいどりはヘルシーなささみでもしっとりジューシーで旨味がとっても強く美味しいのです。

京丹波あじわいどりは下味をつけなくても十分美味しいのですが、さらに栄養価を高めるために、身体を温める効果が高い生姜と麹と酵素の働きで旨味成分を増やし食材をより柔らかくしてくれる塩麹で下味をつけています。

4月~5月にかけて新玉ねぎが出てきますので、普通の玉ねぎよりも選ぶなら断然季節の新玉ねぎがおススメです。

春は冬に身体の中に溜めた老廃物を外に排泄するデトックスの季節です。面白いもので春の季節の野菜は苦みがあったり、新陳代謝を促すような食材ばかりです。本当人と自然はつながっているのだなと感じますね。

旬の新玉ねぎは身体を温めるだけでなく、新陳代謝を活発にして血流を良くしてくれます。生活習慣病の予防にも効果的なので日常的に摂取したい食材でもあります!

卵はビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養が含まれた完全栄養食品ともいわれています。特に卵の鉄分は身体に吸収されやすいので女性はしっかり摂取したい食品です。

ご飯は麦ごはんを使用しています。麦ごはんの麦は大麦の外皮を削り圧をかけて【押し麦】として売られています。昔から麦ごはん用の麦として親しまれていますよね。
大麦の食物繊維量は高く、水に溶ける水溶性の食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維のバランスがとっても良いのです。中でも日本人では不足がちといわれている水溶性食物繊維は穀物の中でも一番といっていいほど多く含まれています。

食材には沢山の特徴とその季節に必要な栄養がたっぷり詰まっています。
安心安全な食材を選んで食事を楽しみましょう!

今回使用した「Issui ~一粋~」は、
下のボタンから購入できます。