鶏肉とキノコたっぷり秋鍋

ロカロジ栄養士 miku

鶏肉とキノコたっぷり秋鍋

栄養士 miku

Recipi

[材料]2~3人分
・もも肉 300g
・大根 130g
・人参 80g
・蓮根 100g
(酢水 適量)
・ごほう 60g
・しめじ 80g
・えのき 80g
・しいたけ 4個
・白菜 1/4個
・ねぎ100g
・豆腐 1/2丁
・天然だしIssui~一粋~ 2袋
・生姜 (チューブ) 3cm
・塩 小さじ1/3
■つけだれ
◎大根おろし 大根1/3本分
◎醤油100g
◎お酢80g  
◎みりん40g
◎和風顆粒だし小さじ1

[作り方]
①もも肉は解凍した後一口サイズに切る
②大根と人参は、皮を剥いて薄く輪切りにする
③蓮根は皮を剥いて薄く輪切りにした後、酢水に10分ほど浸ける
④ごぼうは、ピーラーでささがぎにして、水に5分ほど浸ける
⑤残りの野菜・豆腐はお好みの大きさに切る
⑥解凍したIssui を鍋に入れ1度沸騰させる。
⑦もも肉、野菜、生姜、塩を入れ、蓋をして火が通るまで煮込む。
⑧その間につけだれを作る。別の鍋に大根おろし以外の調味料を入れて火を通す。
⑨お皿につゆを入れた後、大根おろしを入れる。
⑩、⑧の材料にすべて火が通ったら完成!
※そのままのスープで食べても美味しいですがつけだれにつけて食べても
お箸が進む美味しさです。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー:248Kcal
たんぱく質:24.5g
脂   質:5.8g
炭水化物:25.6g
 (糖質16.7g 食物繊維8.9g)
食塩相当量:2.8g

Recipi

[材料]2~3人分
・もも肉 300g
・大根 130g
・人参 80g
・蓮根 100g
(酢水 適量)
・ごほう 60g
・しめじ 80g
・えのき 80g
・しいたけ 4個
・白菜 1/4個
・ねぎ100g
・豆腐 1/2丁
・天然だしIssui~一粋~ 2袋
・生姜 (チューブ) 3cm
・塩 小さじ1/3

■つけだれ
◎大根おろし 大根1/3本分
◎醤油100g
◎お酢80g  
◎みりん40g
◎和風顆粒だし小さじ1

[作り方]
①もも肉は解凍した後一口サイズに切る
②大根と人参は、皮を剥いて薄く輪切りにする
③蓮根は皮を剥いて薄く輪切りにした後、酢水に10分ほど浸ける
④ごぼうは、ピーラーでささがぎにして、水に5分ほど浸ける
⑤残りの野菜・豆腐はお好みの大きさに切る
⑥解凍したIssui を鍋に入れ1度沸騰させる。
⑦もも肉、野菜、生姜、塩を入れ、蓋をして火が通るまで煮込む。
⑧その間につけだれを作る。別の鍋に大根おろし以外の調味料を入れて火を通す。
⑨お皿につゆを入れた後、大根おろしを入れる。
⑩、⑧の材料にすべて火が通ったら完成!
※そのままのスープで食べても美味しいですがつけだれにつけて食べても
お箸が進む美味しさです。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー:248Kcal
たんぱく質:24.5g
脂   質:5.8g
炭水化物:25.6g(糖質16.7g 食物繊維8.9g)
食塩相当量:2.8g

Column

暑い夏が終わり、肌寒い季節になってくると食べたくなるお鍋料理。
夏バテの次は秋バテとも言われるほど、秋の気温等に身体がついていけず体調を崩すことを言います。温かいもので胃腸を整える食事を心がけるようにしまょう!

今回は、京丹波あじわいどりのもも肉と旬のお野菜のきのこや根菜類を使用した贅沢なお鍋の紹介です。
お出汁は、天然だしIssui~一粋~と身体を温めてくれる生姜と少量のお塩で完成です。手作りつけダレもレシピにありますので是非作ってみてください♪

根菜類のお野菜のひとつ、大根はビタミンCやカリウム、食物繊維などを多く含み、また、アミラーゼやプロテアーゼと言われる消化酵素も豊富に含まれています。胃腸の機能をコントロールし消化を助けてくれる働きもあり、すりおろしてつけダレとして一緒食べるのはおすすめです!

2つ目のごぼう。現代人に不足しがちな食物繊維が豊富に含まれています。水分を吸収し便のカサを増やして腸の働きを刺激してくれるため排便をスムーズにしてくれる不溶性食物繊維や、糖質の吸収を緩やかにしてくれるため血糖値の上昇を抑えてくれる効果がある水溶性食物繊維がバランスよく含まれていると言われてます!

3つ目は蓮根。ビタミンCが豊富に含まれており、疲労回復効果や、風邪の予防などに効果があると言われてます。切り方次第で色々な食感が楽しめるので、お好きな切り方で食べてみてくださいね!

また、きのこも秋の食材になります。
野菜売場に売られているので野菜と思われがちですが、きのこは菌類の仲間になります。腸内環境を整える働きや免疫力を高める働きがあるだけでなく、食物繊維や骨を強くしたり免疫機能を調整すると言われるビタミンDも多く含まれていると言われているのでスーパーフードになりますね♪

ぷりぷりお肉の京丹波あじわいどりのもも肉と一緒に食べるとお箸が進むこと間違いないので秋の味覚と共にお鍋を楽しんでくださいね。

今回使用した「鶏もも肉」は、
下のボタンから購入できます。
Column

暑い夏が終わり、肌寒い季節になってくると食べたくなるお鍋料理。
夏バテの次は秋バテとも言われるほど、秋の気温等に身体がついていけず体調を崩すことを言います。温かいもので胃腸を整える食事を心がけるようにしまょう!

今回は、京丹波あじわいどりのもも肉と旬のお野菜のきのこや根菜類を使用した贅沢なお鍋の紹介です。
お出汁は、天然だしIssui~一粋~と身体を温めてくれる生姜と少量のお塩で完成です。手作りつけダレもレシピにありますので是非作ってみてください♪

根菜類のお野菜のひとつ、大根はビタミンCやカリウム、食物繊維などを多く含み、また、アミラーゼやプロテアーゼと言われる消化酵素も豊富に含まれています。胃腸の機能をコントロールし消化を助けてくれる働きもあり、すりおろしてつけダレとして一緒食べるのはおすすめです!

2つ目のごぼう。現代人に不足しがちな食物繊維が豊富に含まれています。水分を吸収し便のカサを増やして腸の働きを刺激してくれるため排便をスムーズにしてくれる不溶性食物繊維や、糖質の吸収を緩やかにしてくれるため血糖値の上昇を抑えてくれる効果がある水溶性食物繊維がバランスよく含まれていると言われてます!

3つ目は蓮根。ビタミンCが豊富に含まれており、疲労回復効果や、風邪の予防などに効果があると言われてます。切り方次第で色々な食感が楽しめるので、お好きな切り方で食べてみてくださいね!

また、きのこも秋の食材になります。
野菜売場に売られているので野菜と思われがちですが、きのこは菌類の仲間になります。腸内環境を整える働きや免疫力を高める働きがあるだけでなく、食物繊維や骨を強くしたり免疫機能を調整すると言われるビタミンDも多く含まれていると言われているのでスーパーフードになりますね♪

ぷりぷりお肉の京丹波あじわいどりのもも肉と一緒に食べるとお箸が進むこと間違いないので秋の味覚と共にお鍋を楽しんでくださいね。



今回使用した「鶏もも肉」は、
下のボタンから購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です