天然だしIssui~一粋~
でつくる雑炊

管理栄養士 市川沙耶花

天然だしIssui~一粋~でつくる雑炊

管理栄養士 市川沙耶花

Recipi

[材料]2人分
・天然だしIssui~一粋~ 1袋(350g)
・生姜 
・長ネギ 5cm
・人参 30g
・ご飯 200g
・塩 少々
・卵 1個
・クコの実や海苔 お好み

[作り方]

①Issuiは解凍しておく。

②生姜はおろし、長ネギは薄切り、人参は短冊切りにする。

③小鍋に①②、ご飯を入れて中火で10分炊く。

④塩で味を調える。卵をといて、③の火を弱めて卵を入れる。

⑤器に盛ってクコのみの実や海苔をのせたら完成!

※ご飯はうどんでも代用できます。

 

天然だしIssui~一粋~は鶏の骨からじっくりうまみを取った添加物不使用の天然だしです。

骨つき肉を煮込んだスープ「ボーンブロススープ」はビタミン、ミネラル、タンパク質、コラーゲンが豊富で回復食には最適です。

骨から溶け出るゼラチンに含まれるコラーゲンは、腸の粘膜を整える働きがあります。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー:132kcal
タンパク質:5.0g
脂質:3.0g
炭水化物(糖質:21.3g 食物繊維1.2g)
食塩:0.8g

Recipi

[材料]2人分
・天然だしIssui~一粋~ 1袋(350g)
・生姜 
・長ネギ 5cm
・人参 30g
・ご飯 200g
・塩 少々
・卵 1個
・クコの実や海苔 お好み

[作り方]

①Issuiは解凍しておく。
②生姜はおろし、長ネギは薄切り、人参は短冊切りにする。
③小鍋に①②、ご飯を入れて中火で10分炊く。
④塩で味を調える。卵をといて、③の火を弱めて卵を入れる。
⑤器に盛ってクコのみの実や海苔をのせたら完成!
※ご飯はうどんでも代用できます。

天然だしIssui~一粋~は鶏の骨からじっくりうまみを取った添加物不使用の天然だしです。
骨つき肉を煮込んだスープ「ボーンブロススープ」はビタミン、ミネラル、タンパク質、コラーゲンが豊富で回復食には最適です。
骨から溶け出るゼラチンに含まれるコラーゲンは、腸の粘膜を整える働きがあります。



[栄養計算]1人あたり
エネルギー:132kcal
タンパク質:5.0g
脂質:3.0g
炭水化物(糖質:21.3g 食物繊維1.2g)
食塩:0.8g

Column
つらい感染症にかかった場合の食事【療養期】

新型コロナの流行で自宅療養を余儀なくされて自分で食事を作らなければならない状態の方も多くいらっしゃると思います。

まず体調が悪くなって、食欲がない場合は無理して食事をとらなくて良いとされています。

昔は「風邪を引いたらご飯を食べてあったかくして寝る!」ということが早く治る方法と言われていましたが最近の研究によれば、風邪を引くと脳は胃や腸に免疫細胞力を増やす指令を出し、胃や腸は免疫細胞を作り出すことに集中するため、消化活動をいったんやめます。

ここで無理に食事をすると食事の消化吸収にはとてもエネルギーが必要な作業になりますので、免疫細胞を作ることが困難となり風邪が長引いてしまうのです。

風邪で食欲がない場合は無理に食事を摂るのではなく、水分を取って食欲が出てくるのを待ちましょう。

食欲が出てきたら急に通常のご飯を食べるのではなく、回復食を取るようにします。

それまで空っぽだった胃や腸に急に固形物や刺激が強いものを食べてしまうと負担がかかってしまいます。

まずは汁物から始めて徐々に固形物に変更していくことで胃や腸に負担を与えないようにすることが大切です。

消化に優しいお粥や柔らかく炊いたうどんなどの炭水化物、卵や豆腐、脂身が少ない魚や鶏肉から始めます。

 

今回使用した「Issui ~一粋~」は、
下のボタンから購入できます。
Column
つらい感染症にかかった場合の食事【療養期】


新型コロナの流行で自宅療養を余儀なくされて自分で食事を作らなければならない状態の方も多くいらっしゃると思います。

まず体調が悪くなって、食欲がない場合は無理して食事をとらなくて良いとされています。
昔は「風邪を引いたらご飯を食べてあったかくして寝る!」ということが早く治る方法と言われていましたが
最近の研究によれば、風邪を引くと脳は胃や腸に免疫細胞力を増やす指令を出し、胃や腸は免疫細胞を作り出すことに集中するため、消化活動をいったんやめます。
ここで無理に食事をすると食事の消化吸収にはとてもエネルギーが必要な作業になりますので、免疫細胞を作ることが困難となり風邪が長引いてしまうのです。
風邪で食欲がない場合は無理に食事を摂るのではなく、水分を取って食欲が出てくるのを待ちましょう。

食欲が出てきたら急に通常のご飯を食べるのではなく、回復食を取るようにします。
それまで空っぽだった胃や腸に急に固形物や刺激が強いものを食べてしまうと負担がかかってしまいます。
まずは汁物から始めて徐々に固形物に変更していくことで胃や腸に負担を与えないようにすることが大切です。
消化に優しいお粥や柔らかく炊いたうどんなどの炭水化物、卵や豆腐、脂身が少ない魚や鶏肉から始めます。



今回使用した「Issui ~一粋~」は、
下のボタンから購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です