ささみと色々きのこのからし酢味噌和え

管理栄養士 堀口 愛

ささみと色々きのこのからし酢味噌和え

管理栄養士 堀口愛

Recipi

[材料]4人分
・ささみ 4 本 240g
・ぶなしめじ 1/2 パック (50g)
・エリンギ 1/2 パック (50g)
・舞茸 1/2 パック (50g)
・塩 ひとつまみ
・料理酒 ⼤さじ 3
・木の芽 お好みで
A(からし酢味噌)
・味噌 ⼤さじ 2
・からし ⼩さじ1
・酢 ⼤さじ 2
・はちみつ ⼩さじ 1

[作り方]
下処理:気になる⽅は、鶏ささみの筋をとっておく。

① しめじは⽯づきをとり、⼿でほぐす。エリンギ、舞茸は⾷べやすいサイズに切る。

② 耐熱容器にささみと塩と酒を⼊れ、ふんわりとラップをし、600w のレンジ で 3 分加熱し、粗熱をとる。

③ 耐熱容器にしめじ、エリンギ、舞茸を⼊れ、ふんわりとラップをし、600w の レンジで 2 分加熱。しっかり⽔気を切っておく。

④ ささみを⾷べやすい⼤きさにさく。

⑤ A を混ぜた調味料に、ささみときのこを加えてさらに混ぜ合わせて完成。


[栄養計算]1人あたり
エネルギー 115kcal
たんぱく質 16.7g
脂質 1.3g
炭⽔化物 8.3g (糖質 6.5g ⾷物繊維 1.8g)
⾷塩相当量 1.2g

Recipi

[材料]4人分
・ささみ 4 本 240g
・ぶなしめじ 1/2 パック (50g)
・エリンギ 1/2 パック (50g)
・舞茸 1/2 パック (50g)
・塩 ひとつまみ
・料理酒 ⼤さじ 3
・木の芽 お好みで
A(からし酢味噌)
・味噌 ⼤さじ 2
・からし ⼩さじ1
・酢 ⼤さじ 2
・はちみつ ⼩さじ 1

[作り方]
下処理:気になる⽅は、鶏ささみの筋をとっておく。
① しめじは⽯づきをとり、⼿でほぐす。エリンギ、舞茸は⾷べやすいサイズに 切る。
② 耐熱容器にささみと塩と酒を⼊れ、ふんわりとラップをし、600w のレンジ で 3 分加熱し、粗熱をとる。
③ 耐熱容器にしめじ、エリンギ、舞茸を⼊れ、ふんわりとラップをし、600w の レンジで 2 分加熱。しっかり⽔気を切っておく。
④ ささみを⾷べやすい⼤きさにさく。
⑤ A を混ぜた調味料に、ささみときのこを加えてさらに混ぜ合わせて完成。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー 115kcal
たんぱく質 16.7g
脂質 1.3g
炭⽔化物 8.3g (糖質 6.5g ⾷物繊維 1.8g)
⾷塩相当量 1.2g

Column

「いつもの和え物がマンネリ気味…」「出来るだけ簡単に、少し変わった一品を作りたい」

そう感じている方に、是非試していただきたいレシピです。

三栄ブロイラーのささみは電子レンジで加熱をしてもぱさぱさになりにくく、レンジ調理でもしっとり、ジューシー。簡単に美味しく仕上がります。

レシピテーマは【ささみ×きのこ×お酢のトリプルパワーで妊娠体質を目指す!】です。

使われているささみ・きのこ類・お酢は、どれも妊娠体質を目指していくのに必要な栄養素が、たっぷり含まれています。それぞれの食材について簡単にまとめます。

《ささみ》
ささみなどの肉類に含まれる良質なたんぱく質は、妊娠体質を作る基本の栄養素とも言えます。

皮膚 や髪の毛、爪、血管、内臓などを作るのはもちろん、妊娠に必要不可欠なホルモンもたんぱく質から 作られます。また、体の隅々に栄養を運ぶ役割もあります。

そのため、たんぱく質は全ての栄養素の 中でもベースとなる大切な栄養素です。中でもささみは脂肪分が少なく、良質なたんぱく質が豊富な ので、カロリーが気になる方でも安心してたっぷり摂ることが出来ますね。

《きのこ類》
きのこ全般に多く含まれるビタミン D をしっかり摂ることで着床率、妊娠や出生率の向上が期待できます。

現代人は不足しがちな栄養素でもあるので、意識してビタミン D が多い食材を摂ることが大切 です。また、きのこには妊活中に積極的に摂っていきたい葉酸も多く含まれています。

《お酢》
お酢に含まれるクエン酸は血液をサラサラにし、血行を改善する効果が期待できます。血行を良く して冷え性の改善を目指すのも、とても大事な要素の一つと言えます。


他にも妊娠体質を目指していくのに向いている食材は色々とありますが、上記のような食材を意識的 に摂ることはとても大切です。

身体に必要な食べ物をしっかり摂り、栄養を改善していくと身体は確実に変わってきます。
栄養状態 が良い状態になると、妊娠の確率は上がりやすくなります。

しかし食事に対してストイックになりすぎると、身体にストレスを与えてしまい逆効果です。食事を 楽しみながらも、無理なく栄養を考えていくことが理想ですね。

今回使用した「鶏ささみ」は、
下のボタンから購入できます。

妊活セットはこちらから
購入できます↓↓

Column

「いつもの和え物がマンネリ気味…」「出来るだけ簡単に、少し変わった一品を作りたい」
そう感じている方に、是非試していただきたいレシピです。

三栄ブロイラーのささみは電子レンジで加熱をしてもぱさぱさになりにくく、レンジ調理でもしっとり、ジューシー。
簡単に美味しく仕上がります。

レシピテーマは【ささみ×きのこ×お酢のトリプルパワーで妊娠体質を目指す!】です。
使われているささみ・きのこ類・お酢は、どれも妊娠体質を目指していくのに必要な栄養素が、たっぷり含まれています。
それぞれの食材について簡単にまとめます。

《ささみ》
ささみなどの肉類に含まれる良質なたんぱく質は、妊娠体質を作る基本の栄養素とも言えます。皮膚 や髪の毛、爪、血管、内臓などを作るのはもちろん、妊娠に必要不可欠なホルモンもたんぱく質から 作られます。また、体の隅々に栄養を運ぶ役割もあります。そのため、たんぱく質は全ての栄養素の中でもベースとなる大切な栄養素です。中でもささみは脂肪分が少なく、良質なたんぱく質が豊富な ので、カロリーが気になる方でも安心してたっぷり摂ることが出来ますね。

《きのこ類》
きのこ全般に多く含まれるビタミン D をしっかり摂ることで着床率、妊娠や出生率の向上が期待でき ます。現代人は不足しがちな栄養素でもあるので、意識してビタミン D が多い食材を摂ることが大切 です。また、きのこには妊活中に積極的に摂っていきたい葉酸も多く含まれています。

《お酢》
お酢に含まれるクエン酸は血液をサラサラにし、血行を改善する効果が期待できます。血行を良く して冷え性の改善を目指すのも、とても大事な要素の一つと言えます。


他にも妊娠体質を目指していくのに向いている食材は色々とありますが、上記のような食材を意識的に摂ることはとても大切です。
身体に必要な食べ物をしっかり摂り、栄養を改善していくと身体は確実に変わってきます。
栄養状態 が良い状態になると、妊娠の確率は上がりやすくなります。
しかし食事に対してストイックになりすぎると、身体にストレスを与えてしまい逆効果です。食事を楽しみながらも、無理なく栄養を考えていくことが理想ですね。

今回使用した「鶏ささみ」は、
下のボタンから購入できます。
↓↓妊活セットはこちらから購入できます↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です