ほうれん草と舞茸の鶏そぼろ炒め

管理栄養士 堀口 愛

ほうれん草と舞茸の鶏そぼろ炒め

管理栄養士 堀口愛

Recipi

[材料]2~3人分
・鶏ミンチ 150g
・舞茸 1/2 パック( 50g)
・ほうれん草 1 束( 200g)
A
・⽚栗粉 ⼩さじ 1
・オイスターソース ⼩さじ 2
・しょうゆ ⼩さじ 2
・酒 ⼤さじ1
・こしょう 少々
・油 (炒め⽤⼩さじ 1)

[作り方]
① 鍋にお湯を沸かし、ほうれん草を 30 秒ほど茹でる。

② 茹でたほうれん草はしっかり⽔気を切り、根元を切り落として 3cm 幅に切る。舞茸はざく切りに切る。

③ ボウルに鶏ミンチを⼊れ、舞茸、オイスターソース、醤油、酒、こしょう、 ⽚栗粉を加えて混ぜ合わせる。

④ フライパンに油を熱し、③を⼊れ、ほぐしながら強めの中⽕で 1 分ほど炒める。

⑤ ある程度⽕が通ったところでほうれん草を加え、2 分ほど炒めながら軽く混ぜ合わせて完成。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー 100kcal
たんぱく質 14.6g
脂質 2.6g
炭⽔化物 4.9g
 (糖質 2.4g ⾷物繊維 2.5g)
⾷塩相当量 1.1g

Recipi

[材料]2~3人分
・鶏ミンチ 150g
・舞茸 1/2 パック( 50g)
・ほうれん草 1 束( 200g)
A
・⽚栗粉 ⼩さじ 1
・オイスターソース ⼩さじ 2
・しょうゆ ⼩さじ 2
・酒 ⼤さじ1
・こしょう 少々
・油 (炒め⽤⼩さじ 1)

[作り方]
① 鍋にお湯を沸かし、ほうれん草を 30 秒ほど茹でる。
② 茹でたほうれん草はしっかり⽔気を切り、根元を切り落として 3cm 幅に切る。舞茸はざく切りに切る。
③ ボウルに鶏ミンチを⼊れ、舞茸、オイスターソース、醤油、酒、こしょう、 ⽚栗粉を加えて混ぜ合わせる。
④ フライパンに油を熱し、③を⼊れ、ほぐしながら強めの中⽕で 1 分ほど炒める。
⑤ ある程度⽕が通ったところでほうれん草を加え、2 分ほど炒めながら軽く混ぜ合わせて完成。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー 100kcal
たんぱく質 14.6g
脂質 2.6g
炭⽔化物 4.9g
(糖質 2.4g ⾷物繊維 2.5g)
⾷塩相当量 1.1g

Column
“10 分以内で簡単に出来て、
妊活に最適なレシピ”教えます!


今回のレシピテーマは【妊活に最適ともいえる食材 3 種を使った、まさに妊活のためのレシピ】です。

使われている鶏ミンチ・ほうれん草・舞茸は、どれも妊娠体質を目指していくのに必要な栄養素が、 たっぷり含まれています。それぞれの食材について簡単にまとめます。

《鶏ミンチ》
肉類に含まれる良質なたんぱく質は妊娠体質を作る基本の栄養素とも言えます。皮膚や髪の毛、爪、 血管、内臓などを作るのはもちろん、妊娠に必要不可欠なホルモンもたんぱく質から作られます。

また、体の隅々に栄養を運ぶ役割もあります。そのため、たんぱく質は全ての栄養素の中でもベースと なる大切な栄養素です。


《ほうれん草》
ほうれん草に多く含まれる鉄分は酸素を体中に運ぶとともに、子宮内の粘膜を作る働きがあります。

鉄分が不足してしまうと血行不良や子宮内膜が薄くなる影響で、受精卵が着床しにくくなってしまう ため、妊活中には必要不可欠な栄養素です。

また、植物性の食品に含まれる鉄分はビタミン C やたん ぱく質と一緒に摂ることで吸収率が上がります。野菜や果物、たんぱく質の多く含む食材と一緒に摂 ることが大切です。ほうれん草は鉄分だけでなく、ビタミン C や葉酸も豊富なので特に妊活向きの食 材と言えるでしょう。


《舞茸》
きのこ全般に多く含まれるビタミン D をしっかり摂ることで着床率、妊娠や出生率の向上が期待できます。現代人は不足しがちな栄養素でもあるので、意識してビタミン D が多い食材を摂ることが大切です。

中でも舞茸はきのこ類の中でも特にビタミン D が多く、妊活中には積極的に摂っていきたい葉 酸もしっかり含まれています。ビタミン D は脂溶性のビタミンのため、今回のように油で炒めたり、 油分と一緒に摂ることで吸収率が上がります。


他にも妊娠体質を目指していくのに向いている食材は色々とありますが、上記のような食材を意識的 に摂ることはとても大切です。

身体に必要な食べ物をしっかり摂り、栄養を改善していくと身体は確実に変わってきます。栄養状態 が良い状態になると、妊娠の確率は上がりやすくなります。

しかし食事に対してストイックになりすぎると、身体にストレスを与えてしまい逆効果です。
食事を 楽しみながらも、無理なく栄養を考えていくことが理想ですね。

今回使用した「鶏ミンチ」は、
下のボタンから購入できます。

妊活セットはこちらから
購入できます↓↓

Column

“10 分以内で簡単に出来て、妊活に最適なレシピ”教えます!

今回のレシピテーマは【妊活に最適ともいえる食材 3 種を使った、まさに妊活のためのレシピ】です。 使われている鶏ミンチ・ほうれん草・舞茸は、どれも妊娠体質を目指していくのに必要な栄養素が、 たっぷり含まれています。それぞれの食材について簡単にまとめます。

《鶏ミンチ》
肉類に含まれる良質なたんぱく質は妊娠体質を作る基本の栄養素とも言えます。皮膚や髪の毛、爪、 血管、内臓などを作るのはもちろん、妊娠に必要不可欠なホルモンもたんぱく質から作られます。また、体の隅々に栄養を運ぶ役割もあります。そのため、たんぱく質は全ての栄養素の中でもベースと なる大切な栄養素です。

《ほうれん草》
ほうれん草に多く含まれる鉄分は酸素を体中に運ぶとともに、子宮内の粘膜を作る働きがあります。 鉄分が不足してしまうと血行不良や子宮内膜が薄くなる影響で、受精卵が着床しにくくなってしまうため、妊活中には必要不可欠な栄養素です。また、植物性の食品に含まれる鉄分はビタミン C やたん ぱく質と一緒に摂ることで吸収率が上がります。野菜や果物、たんぱく質の多く含む食材と一緒に摂 ることが大切です。ほうれん草は鉄分だけでなく、ビタミン C や葉酸も豊富なので特に妊活向きの食材と言えるでしょう。

《舞茸》
きのこ全般に多く含まれるビタミン D をしっかり摂ることで着床率、妊娠や出生率の向上が期待でき ます。現代人は不足しがちな栄養素でもあるので、意識してビタミン D が多い食材を摂ることが大切 です。中でも舞茸はきのこ類の中でも特にビタミン D が多く、妊活中には積極的に摂っていきたい葉 酸もしっかり含まれています。ビタミン D は脂溶性のビタミンのため、今回のように油で炒めたり、 油分と一緒に摂ることで吸収率が上がります。

他にも妊娠体質を目指していくのに向いている食材は色々とありますが、上記のような食材を意識的 に摂ることはとても大切です。
身体に必要な食べ物をしっかり摂り、栄養を改善していくと身体は確実に変わってきます。栄養状態が良い状態になると、妊娠の確率は上がりやすくなります。
しかし食事に対してストイックになりすぎると、身体にストレスを与えてしまい逆効果です。食事を楽しみながらも、無理なく栄養を考えていくことが理想ですね。

↓↓妊活セットはこちらから購入できます↓↓

今回使用した「鶏ミンチ」は、
下のボタンから購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です