レンジで麻婆きのこ豆腐

栄養士 miku

レンジで麻婆きのこ豆腐

栄養士 miku

Recipi

[材料]2人分
・鶏ミンチ1袋
・豆腐1丁
・しめじ1/2袋
・えのき1/2袋
A
・椎茸大1枚
・味噌大さじ2
・にんにくチューブ2cm
・生姜チューブ2cm
・ごま油大さじ1
・砂糖小さじ1
・しいたけの戻し汁80cc
・片栗粉小さじ2
・ラー油適量
・青ネギ適量

[作り方]
①鶏ミンチは解凍しておく。

②豆腐はキッチンペーパーで包み、ラップせずに600wの電子レンジで3分加熱し水気を切った後サイコロ状に切る。

③干椎茸は水で戻し細切りにする。しめじは石づきを落とし細かく 分ける。えのきは石づきを落とし3等分に切る。

④耐熱皿に鶏ミンチ、しめじ、えのき、椎茸、A、椎茸の戻 し汁40ccを入れ、ラップをふんわりかけ600wの電子レンジで4分加熱 する。

⑤豆腐を加え、しいたけの戻し汁40ccに片栗粉を溶かし入れ、更に 600wの電子レンジ3分加熱する。

⑥全体が混ぜ合わせたら完成。お好みで青ネギやラー油をかけてもよい。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー342kcal
たんぱく質32.7g
脂質16.1g
炭水化物17.4g(糖質12.7g、食物繊維 4.7g)
食塩相当量2.4g

Recipi
調理時間約10分



[材料]2人分
・鶏ミンチ1袋
・豆腐1丁
・しめじ1/2袋
・えのき1/2袋
A
・椎茸大1枚
・味噌大さじ2
・にんにくチューブ2cm
・生姜チューブ2cm
・ごま油大さじ1
・砂糖小さじ1
・しいたけの戻し汁80cc
・片栗粉小さじ2
・ラー油適量
・青ネギ適量

[作り方]
①鶏ミンチは解凍しておく。
②豆腐はキッチンペーパーで包み、ラップせずに600wの電子レンジで3分加熱し水気を切った後サイコロ状に切る。
③干椎茸は水で戻し細切りにする。しめじは石づきを落とし細かく 分ける。えのきは石づきを落とし3等分に切る。
④耐熱皿に鶏ミンチ、しめじ、えのき、椎茸、A、椎茸の戻 し汁40ccを入れ、ラップをふんわりかけ600wの電子レンジで4分加熱する。
⑤豆腐を加え、しいたけの戻し汁40ccに片栗粉を溶かし入れ、更に 600wの電子レンジ3分加熱する。
⑥全体が混ぜ合わせたら完成。お好みで青ネギやラー油をかけてもよい。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー342kcal
たんぱく質32.7g
脂質16.1g
炭水化物17.4g(糖質12.7g、食物繊維 4.7g)
食塩相当量2.4g

Column

麻婆豆腐は、材料も工程も多くて難しいレシピなのでは無いかな?と敬遠される方も いらっしゃるかもしれません。

ご家庭の冷蔵庫にある調味料で、かつ電子レンジを使用してとても簡単に麻婆豆腐を 作ることができます。

また、キッチン用ハサミ・スプーンを使うことで包丁いらずで作ることもできます。

今回は、麻婆豆腐の中に3種類のきのこを使用しました。

きのこは、ビタミンDが豊富 に含まれているといわれています。 ビタミンDは、日光を浴びることによって皮膚で合成される特徴がある脂溶性のビタミンです。そして骨の成長促進、血中カルシウム濃度を調節する重要な役割があり、健康な骨を維持するために欠かせない栄養素と言われています。

また妊娠に関しては良 い卵子を作るといわれ受精卵が子宮に着床しやすくする作用があるとも言われています。 胎児からお年寄りまでどの年代におかれても必要で大事なビタミンになるんですね。

ちなみに京丹波あじわいどりの鶏ミンチを使用しましたが、きのこと一緒に食べるこ とで筋肉の合成を促す作用もあると言われています。 一般的な麻婆豆腐のレシピでは水を使用すると思いますが、干しいたけの戻し汁を使用することで旨み成分のグアニル酸が京丹波あじわいどりの天然出汁の一粋と合わさ りより旨みを感じる味わいに仕上がります。

是非作ってみた際は、一粋の香りとしい たけの旨みを十分に味わいながら召し上がってみてください。

豆腐が苦手という方は、茄子や春雨等お好みの野菜に変えて作ることも出来ますので 食材を変えて作ってみてはいかがでしょうか。

今回使用した「鶏ミンチ」は、
下のボタンから購入できます。

妊活セットはこちらから
購入できます↓↓

Column

麻婆豆腐は、材料も工程も多くて難しいレシピなのでは無いかな?と敬遠される方も いらっしゃるかもしれません。
ご家庭の冷蔵庫にある調味料で、かつ電子レンジを使用してとても簡単に麻婆豆腐を 作ることができます。
また、キッチン用ハサミ・スプーンを使うことで包丁いらずで作ることもできます。

今回は、麻婆豆腐の中に3種類のきのこを使用しました。きのこは、ビタミンDが豊富 に含まれているといわれています。
ビタミンDは、日光を浴びることによって皮膚で合成される特徴がある脂溶性のビタミンです。そして骨の成長促進、血中カルシウム濃度を調節する重要な役割があり、健 康な骨を維持するために欠かせない栄養素と言われています。

また妊娠に関しては良 い卵子を作るといわれ受精卵が子宮に着床しやすくする作用があるとも言われています。
胎児からお年寄りまでどの年代におかれても必要で大事なビタミンになるんですね。

ちなみに京丹波あじわいどりの鶏ミンチを使用しましたが、きのこと一緒に食べるこ とで筋肉の合成を促す作用もあると言われています。 一般的な麻婆豆腐のレシピでは水を使用すると思いますが、干しいたけの戻し汁を使 用することで旨み成分のグアニル酸が京丹波あじわいどりの天然出汁の一粋と合わさ りより旨みを感じる味わいに仕上がります。是非作ってみた際は、一粋の香りとしい たけの旨みを十分に味わいながら召し上がってみてください。

豆腐が苦手という方は、茄子や春雨等お好みの野菜に変えて作ることも出来ますので 食材を変えて作ってみてはいかがでしょうか。

今回使用した「鶏ミンチ」は、
下のボタンから購入できます。
↓↓妊活セットはこちらから購入できます↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です