チキンボーンブロスとかぼちゃと
人参のポタージュ

栄養士 miku

チキンボーンブロスとかぼちゃと人参のポタージュ

栄養士 miku

Recipi

[材料]4人分
・チキンボーンブロス 1袋
・かぼちゃ300g
・人参200g
・無塩バター8g
・無調整豆乳200g

[作り方]
①チキンボーンブロスは解凍しておく。

②かぼちゃは種とワタを取り、皮付きのまま無塩バター4gをのせ軽くラップを被せ600w3分レンジで温める。

③かぼちゃは柔らかくなったらスプーンで小分けにす る。

④人参は太めの輪切りにし、皮付きのまま無塩バター4 gをのせ軽くラップを被せ600w3分レンジで温める。

⑤①のチキンボーンブロスを入れた鍋にかぼ
ちゃと人参を入れ、ブレンダーでポタージュ状にし、火にかける。

⑥⑤の鍋に無調整豆乳を加え、沸騰直前まで温めたら完成。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー164kcal
たんぱく質5.6g
脂質3.1g
炭水化物29.5g(糖質21.7g、食物繊維7.8g)
食塩相当量0.0g

Recipi

[材料]4人分
・チキンボーンブロス 1袋
・かぼちゃ300g
・人参200g
・無塩バター8g
・無調整豆乳200g

[作り方]
①チキンボーンブロスは解凍しておく。
②かぼちゃは種とワタを取り、皮付きのまま無塩バター4gをのせ軽くラップを被せ600w3分レンジで温める。
③かぼちゃは柔らかくなったらスプーンで小分けにす る。
④人参は太めの輪切りにし、皮付きのまま無塩バター4gをのせ軽くラップを被せ600w3分レンジで温める。
⑤①のチキンボーンブロスを入れた鍋にかぼちゃと人参を入れ、ブレンダーでポタージュ状にし、火にかける。
⑥⑤の鍋に無調整豆乳を加え、沸騰直前まで温めたら完成。

[栄養計算]1人あたり
エネルギー164kcal
たんぱく質5.6g
脂質3.1g
炭水化物29.5g(糖質21.7g、食物繊維7.8g)
食塩相当量0.0g

Column

毎日のお仕事や家事育児お疲れ様です。 疲れてる時や時間が無い時でも時短で栄養のあるスープを作れないかな?と思ってる方に朗報です!

レンジとブレンダーを使うことでとても簡単にポタージュが作れるのでご紹介します♪

今回は、チキンボーンブロスを使用しました。ボーンブロスという言葉を耳にされたことがある方もいらっしゃると思いますが、これは牛や豚、鳥などの骨からとったスープのことを指します。

時間をかけてコトコト煮込み、その出汁に十分なビタミンやミネラル、アミノ酸が染み出したものこそが本物の「ボーンブロス」と言われています。 チキンボーンブロスは、まさに本物のボーンブロスです!!

そして今回のポタージュではかぼちゃと人参を使用しています。どちらも皮付きのままポタージュにしました。

かぼちゃの皮は、果肉の部分よりもビタミンAが含まれていると言われています。 ビタミンAは、ウイルスや細菌の侵入を防ぐ働きがあり、粘膜の乾燥を防いでくれると言われ免疫力アップにも繋がる栄養素の1つになります。

同じく人参にもビタミンAが豊富に含まれていると言われています。
他の緑黄色野菜に比べてずば抜けて多く含まれており体の中をサビつかせない抗酸化に優れた野菜です。

ビタミンAは油との相性が良く、一緒に摂ると体に吸収されやすいと言われており、今回はバターをのせてレンジでかぼちゃと人参は柔らかくしました。皮は食べない方も多いと思いますが、気にならない程柔らかくなりますのでとろとろのポタージュを味わうことができます。

そして特別に味つけすることなく、主にかぼちゃの甘味を感じられる濃厚な味わいになります。

体内にウイルスが入った時1番初めに壁となるのは粘膜になります。粘膜を整えることでウイルスの侵入を防いでくれますので、体を温めつつ免疫力を高める食材で元気に過ごしましょう♪

 

今回使用した
「チキンボーンブロス」は、
下のボタンから購入できます。

妊活セットはこちらから
購入できます↓↓

Column

毎日のお仕事や家事育児お疲れ様です。
疲れてる時や時間が無い時でも時短で栄養のあるスープを作れないかな?と思ってる方に朗報です!
レンジとブレンダーを使うことでとても簡単にポタージュが作れるのでご紹介します♪

今回は、チキンボーンブロスを使用しました。ボーンブロスという言葉を耳にされたことがある方もいらっしゃると思いますが、これは牛や豚、鳥などの骨からとったスープのことを指します。時間をかけてコトコト煮込み、その出汁に十分なビタミンやミネラル、アミノ酸が染み出したものこそが本物の「ボーンブロス」と言われています。 チキンボーンブロスは、まさに本物のボーンブロスです!!

そして今回のポタージュではかぼちゃと人参を使用しています。どちらも皮付きのままポタージュにしました。
かぼちゃの皮は、果肉の部分よりもビタミンAが含まれていると言われています。 ビタミンAは、ウイルスや細菌の侵入を防ぐ働きがあり、粘膜の乾燥を防いでくれると言われ免疫力アップにも繋がる栄養素の1つになります。
同じく人参にもビタミンAが豊富に含まれていると言われています。
他の緑黄色野菜に比べてずば抜けて多く含まれており体の中をサビつかせない抗酸化に優れた野菜です。

ビタミンAは油との相性が良く、一緒に摂ると体に吸収されやすいと言われており、今回はバターをのせてレンジでかぼちゃと人参は柔らかくしました。皮は食べない方も多いと思いますが、気にならない程柔らかくなりますのでとろとろのポタージュを味わうことができます。
そして特別に味つけすることなく、主にかぼちゃの甘味を感じられる濃厚な味わいになります。
体内にウイルスが入った時1番初めに壁となるのは粘膜になります。粘膜を整えることでウイルスの侵入を防いでくれますので、
体を温めつつ免疫力を高める食材で元気に過ごしましょう♪

 

今回使用した「チキンボーンブロス」は、
下のボタンから購入できます。
↓↓妊活セットはこちらから購入できます↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です